ながくぼ耕治

ながくぼ耕治
東北町イメージ 東北町の 未来の ために
安心、幸せ、さらなる挑戦

最新情報NEWS

ただ今、準備中です。

我がふるさと東北町を取り巻く環境は、人口減少をはじめ様々な課題が山積しております。今こそ、100年先の将来を見据えた理念と戦略で、新しい東北町をつくります。 主役はいつも「人」です。 住民の皆さまと共に「新生 東北町」を創造してまいります。
農林水産省 表敬訪問:枝元事務次官との会談

農林水産省 表敬訪問:枝元事務次官との会談

青森県農林水産祭り 特産品の販売促進

青森県農林水産祭り 特産品の販売促進

ながくぼ耕治

ながくぼ耕治 48歳 昭和47年11月14日生

経 歴

  • 平成3年 青森県立三沢高等学校卒業
  • 平成7年 東京農業大学農学部 農業経済学科卒業 同年より農業に従事(ナガイモ、ニンニク、ダイコンが経営の三本柱)
  • 平成12年 青森県「青年農業士」に認定
  • 平成15~16年 東北町青年農業経営学者会議会長
  • 平成23年 ゆうき青森農協青年部協議会会長
  • 平成25年 青森県「農業経営士」に認定
  • 平成26年 東北町議会議員に当選
  • 平成30年 「あおもり土づくりの匠」に認定

座右の銘

我以外皆我師(われ以外みな我が師) 人とのふれあいや対話を大切にしています。

東北町の未来のために ながくぼ耕治 5つの柱 安心、幸せ、さらなる挑戦

住民力が活きる協働のまちづくり

まちづくりの主役は住民です。自主性や自立性によって運営される住民主役のまちづくりを進めて参ります。

  • タウンミーティング、地域座談会の開催。
  • SNSを利用したパブリックコメント募集。

持続可能な攻めの産業振興

  • アンテナショップの構築や他地域での即売会の積極的実施、町特産品、農畜水産物、加工品をトップセールス。
  • 産地維持のためのナガイモネット処理問題。
  • 小川原湖の資源保全と環境改善への取り組み。
  • 農商工観光連携で地域経済の活性化、「道の駅」のさらなる充実、ふれあい村やキャンプ場との連携。
  • 賑わい事業に対するイベント開催等の積極的支援。
  • 農畜産物のブランド化や生産物を使った乳製品(チーズ・ヨーグルト)の開発。
  • 各産業のマンパワー不足に対応した取り組みと支援。
持続可能な攻めの産業振興

福祉・教育充実で安心して暮らせるまちづくり

  • データ分析による予防・未病医療(健診や予防接種)、予防介護のさらなる充実で医療費や介護保険料の低減につなげる。
  • 冬季間の除排雪の充実と社会福祉協議会との連携による支援強化で安全確保。
  • 2地区を結ぶ町民バスの運航路線の拡充。
  • 乗合タクシー、タクシー券など高齢化により増加している交通弱者への支援の拡充。
  • 一人暮らしや空き家対策の検討、移住の促進(Uターン、Iターン)、人口流入策に空き家を活用。
  • 条件付きで無償賃与など奨学金の拡充。
  • 放課後子ども教室やスポーツ少年団への積極的支援。
  • 家畜獣医師などのスキルアップのための研修、就学を支援。

住民とともにすすめる厳正な行財政運営

行財政改革は、行政だけが行うのではなく、主権者である住民も積極的に参加することが重要です。

  • 長期ビジョンに立った運営と来るべき時に備えた特定目的基金の設立や増額。(本庁舎建設、介護保険料の負担軽減)
  • 適正な住民インフラの整備計画。

コロナ感染症対策

  • 国、県の指導指針を受けながら迅速かつ適切に対応。
  • 地方創生臨時交付金を活用し、さまざまなコロナ感染症対策支援事業に取り組みます。

事務所のご案内OFFICE

東北地区事務所

〒039-2664 上北郡東北町字乙供40-2
TEL:0175(72)8221 FAX:0175(72)8221

上北地区事務所

〒039-2404 上北郡東北町上北北1丁目34-81
TEL:0176(27)0339 FAX:0176(27)0339